わんわんネパール【ポーランドボール日本語翻訳】

わんわんネパール【ポーランドボール日本語翻訳】

わんわんネパール【ポーランドボール日本語翻訳】

ポーランドボール1コマ目:バングラデシュとミャンマー

左:バングラデシュ
右:ミャンマー

*もごもご

 

 

ポーランドボール2コマ目:吠えかかるネパールと逃げる二国

ネパール
「ワンワン!」

袋の中ーロヒンギャ難民
「?」

 

 

ポーランドボール3コマ目:喧嘩をするパキスタンとインド

左:パキスタン
右:インド

 

 

ポーランドボール4コマ目:吠えかかるネパール。逃げる二国

ネパール
「ワンワンワン!」

 

 

ポーランドボール5コマ目:ブータンを襲う中国

上:中国
下:ブータン

 

 

ポーランドボール6コマ目:中国に吠えかかるネパール

ネパール
「ワンワンワン!」

 

 

ポーランドボール7コマ目:包丁を振りかざす中国

中国
*シャキーン!

ネパール
「!」

 

 

ポーランドボール8コマ目:美味しく食べられるネパールと泣くブータン

中国
「吃饭(いただくアル!)」

 

■引用元
ttps://www.reddit.com/r/polandball/comments/aq5en9/guardian_dog/

 

世界のみんなのコメント

※1 Bar 🇲🇾マレーシア【作者】
Contest: All in the Neighbourhood!
Rank: 4th
The Chinese will eat anything if it barks.

「みんなお隣さん」コンテスト(リンク先は英語です)
結果:4位
話の筋:中国人は、吠える物は何でも食べるよ

※2 ecl 🇬🇧イギリス
I’ll take one order of Nepal, please
「自分にも一つ、ネパールを頼むよ」

※3 BNK 🇻🇳ベトナム
Would you like some Gurkha on the side?
「付け合せにグルカ兵はいかがです?」

グルカ兵?
グルカ兵とは、ネパールのいくつかの山岳民族で構成される、山岳戦や白兵戦に長けた戦闘集団のことだよ。
イギリスと関係が深く、インドを植民地支配していた際には東インド会社の傭兵として雇い、インド大反乱(セポイの乱)に派遣したことでも知られているよ。

 

※4 hrl 🇩🇪ドイツ
What’s the beef between Bangladesh and Myanmar?
バングラデシュとミャンマーの間の肉は誰?

※5 Aud 🇧🇩バングラデシュ
I think this refers to the recent refugee crisis regarding Rohingyas.
最近のロヒンギャ難民問題を表してるんだと思うよ。

※6 Bar 🇲🇾マレーシア【作者】
I drew that with the Rohingya refugee issue in mind.
ロヒンギャ難民を思い浮かべて描いたよ。

 

※7 Kin 🇲🇾マレーシア
I like how Nepal blends in with the surrounding mountains. BTW, what did Bhutan do that makes China want to shag him?
ネパールが周囲の山々にこっそり紛れているのが好きだな。ところで、中国にヤリたいと思わせるなんて、ブータンは一体何したの?

※8 free 🇸🇬シンガポール
It’s all historical baggage. Namely, the Qing was the suzerain of Tibet, while Tibet was the suzerain of Bhutan. Well, after the invasion of Tibet by the PRC, Bhutan has largely gone to India for military protection.
The author probably drew the Bhutan China land dispute where China and India stand off last year. China and Bhutan was disputing land that China say was part of Tibet province, whereas Bhutan says it’s Bhutan territory.

>>※7
それは全部歴史的な因果なのさ。つまり、清はチベットの宗主国だったんだ。そしてチベットはブータンの宗主国だった。それで、中華人民共和国によるチベット侵略のあと、ブータンは軍事的保護の大部分をインドに求めたんだ。

作者はきっと、昨年中国とインドが膠着状態に陥った、ブータン中国間の領土紛争を描いたんだよ。
中国とブータンは領土紛争をしているんだ。中国は、その土地はチベットの一地域だって主張していて、でもブータンは、そこはブータンの領土だって言っているんだよ。

補足:コメントでもある通り、ヒマラヤ山中に位置し、日本で「幸せの国」として知られているブータンは、現在中国と領土問題で対立しているそうです。

▼参考リンクです
ブータンを挟んで対峙する中国とインド:「幸せの国」は戦場になるか

ポーランドボール:ブータンと中国

 

※9 Bar 🇲🇾マレーシア【作者】
China likes to poke his clay into all his neighbors, it’s a safe stereotype to draw.
Why Bhutan? Simple. Because the contest restricted the use of certain countries, that’s why.

>>※7
中国は隣人とセ*クスするのが好きなのさ。これはコミックに描くには無難なステレオタイプなんだよ。
なぜブータンかって?答えはシンプルだ。なぜってこのコンテストは特定の国の使用を制限されてたからね。それが答えさ。

 

※10 Vip 🇫🇮フィンランド
I’m just learning Chinese, so please bear with me. Isn’t 吃饭 to eat rice? (Chī = eat, fàn = rice). Wouldn’t it be in this context 吃狗肉?
いま中国語を習ってるんだ。だから申し訳ないんだけど…「吃饭」は「米を食べる」っていう意味じゃないの? (Chī = 食べる、fàn = 米)
この話の筋だと「吃狗肉」になるのでは?

※11 Whi 🇹🇼台湾
Nyet! While 吃飯 is literally eat rice. Colloquially 吃飯了 means it’s time to eat~. Thus an umbrella term that includes eat rice, eat vegetables. Because Bhutan is not being spared.
ちがうよ!「吃飯」は、文字通りだと「米を食べる」っていう意味だけれど、口語で「吃飯了」は「食事の時間だ~」って意味なんだ。
つまり米を食べることや、野菜を食べることを包括してるんだよ。ブータンは助かってないしね。

※12 Kin 🇲🇾マレーシア
Since rice 飯 is the most basic staple food source for the Chinese, it is generally assumed that all meals are to be served with rice, hence the word 飯 becomes a catch-all term for “food” when used this way, even when the meals do not actually serve any rice.
中国人にとって米飯は一番基本的な主食だから、あらゆる食事は米飯と一緒に提供される想定されるんだ。
だから「飯」っていう単語があらゆる「食事」を意味するんだよ。たとえ実際には米飯が出てこなくてもね。

※13 Nor 🇷🇺ロシア
Chinese rice is British tea, got it.
中国人にとっての米は、イギリス人にとっての紅茶なんだな。理解したよ。

ポーランドボールカテゴリの最新記事